G-SHOCK、35周年記念の新作は“マグマの海”がモチーフ!


G-1
日本が世界に誇る耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”。その誕生35周年を記念したスペシャルコレクションの最新作として、地球誕生時のマグマの海を表現した“MAGMA OCEAN”が11月16日に発売!

誕生25周年を迎える“FROGMAN”のスペシャルモデルも登場

ファーストモデルが衝撃のデビューを果たした1983年から35年という記念すべき年を迎え、魅力的なアニバーサリーモデルを次々とリリースしている“G-SHOCK”。
9月に発売された“GLACIER GOLD(グレイシア ゴールド)”は氷河をイメージしたクリアスケルトンデザインが特徴だったが、新たに発表された“MAGMA OCEAN(マグマ オーシャン)”は、地球誕生時の“マグマの海”で覆われた状態をモチーフにしたデザインが特徴だ。
“G-SHOCK”を象徴するブラックをベースに、レッド、そして35周年を祝う華やかなローズゴールドとイエローゴールドを配し、地球誕生時の“マグマの海”で覆われた状態を表現。
G-SHOCKらしい精悍かつスポーティなデザインをベースにアニバーサリーならではのアレンジを加えたデザインには、誕生から35周年の節目を迎える“G-SHOCK”が起源に立ち返り、そしてこれからも新しい価値を生み出し続けるという意思が感じ取れる。

ベースモデルには、メタルと樹脂を融合させた“MTG-B1000”、究極のサバイバルタフネスを追求して誕生した“RANGEMAN(レンジマン) GPR-B1000”、そしてダイバーズウオッチとして進化を遂げる“FROGMAN(フロッグマン) GWF-1000”の3モデルをラインアップ。
いずれも魅力的な仕上がりとなっているが、なかでもイチオシなのが“FROGMAN(フロッグマン)”だろう。
G-SHOCKファンならずとも誰もが知っている人気モデルのため改めて説明する必要もないかもしれないが、“FROGMAN(フロッグマン)”はISO規格200m潜水用防水性能を備え、手首の動きを妨げないようにデザインされた左右非対称のケースフォルムが特長の耐衝撃ダイバーズウオッチ。タウンユースにもマッチするインパクト抜群のスポーティなデザインと、プロダイバー仕様のスペックがG-SHOCKのなかでも突出した人気を獲得している。

G-2
今回、登場した特別なフロッグマンは、1993年に初代モデルが誕生し、2018年で誕生25周年を迎えるのを記念して製作されており、アイコンとして親しまれている蛙のイラストを時計の各所に配置。
その中には一目では発見することが難しい箇所にも配置しており、全部でいくつ存在するかという“蛙探し”を楽しめるコレクター心をくすぐる作りコミもポイントとなっている。

G-3
誕生35周年記念のスペシャルコレクションらしく、3モデルとも裏ブタには35周年記念ロゴを刻印。

G-5
パッケージも特別仕様のものが用意されているのも嬉しいポイントだ。
これまでの誕生35周年記念モデルと同じく、今回も即完売となる可能性が高いため、気になった人はお早めに!

 

》“MAGMA OCEAN(マグマ オーシャン)”のラインナップをCheck

G-1a
G-SHOCK(ジーショック)
マグマオーシャン
Ref. MTG-B1000TF。ステンレススチールケース×樹脂ケース、無垢ベルト。55.8×51.7×14.4mm。20気圧防水。クォーツ(タフソーラー/ソーラー充電システム)。13万5000円(11月16日発売)

G-1b
G-SHOCK(ジーショック)
マグマオーシャン(レンジマン)
■Ref. GPR-B1000TF。ステンレススチールケース×樹脂ケース、カーボンファイバーインサートベルト。60.3×57.7×20.2 mm。20気圧防水。クォーツ(ソーラーパワー/ソーラー充電システム)。11万8800円(11月16日発売)

G-1c
G-SHOCK(ジーショック)
マグマオーシャン(フロッグマン)
■Ref. GWF-1035F。ステンレススチールケース×樹脂ケース、樹脂ベルト。58.3×52.8×18.0 mm。ISO200m潜水用防水。クォーツ(タフソーラー/ソーラー充電システム)。8万6400円(11月16日発売)

【問い合わせ先】
カシオ計算機 お客様相談室(☎︎03-5334-4869)
【<G-SHOCK>の公式サイト】へ

【<G-SHOCK>の過去の記事】へ
G-1T

カテゴリー: ニュース   タグ: , ,

コメントは受け付けていません。