新米記者が見つけた! 10万円アンダーのユニーク腕時計、第1回“PICTO(ピクト)”


P-1
新米編集者の松本が、ユーザーの方と同じ第3者の目線で、“ちょっと変わった面白い腕時計”をこれから毎週紹介!

腕時計専門出版社の編集になって2カ月。有名ウオッチブランドのロレックスやオメガから、ジャパンブランドのセイコーやシチズン、もちろん私が名前も知らないブランドまで、この短期間で様々な腕時計を見てきた。

腕時計の知識がゼロの状態で入社した私がまず驚いたのが普通の時計とは少し変わったデザインの腕時計たち。“時計の絵を描いて”と言われたらまず普通の人は円を描き、その真ん中に2本の針を描くと思う。けれど腕時計の世界は奥が深いもので、その形に留まらないデザインのものがたくさんあることを知った。そんな腕時計の意外な一面を知った私は、他にはどんな変わったデザインの腕時計があるのだろうかとワクワク感が止まらなかった。

そこで、新米編集者の私がユーザーの方と同じ第3者の目線で、“ちょっと変わった面白い腕時計”をこれから毎週紹介していきたいと思っている。しかも、腕時計はこの私でさえ頑張れば手の届く10万円アンダーのものをセレクトしていく。時計に興味がある人もそうでない人も、これを機会にぜひユニークなデザインの時計に少しでも興味を持っていただけたらうれしい。

そして、1回目の今回女性ユーザー向けに紹介するのは1984年に誕生したデンマークウオッチブランドの“PICTO(ピクト)”。

》ミニマルデザインのモノトーンタイプ

一瞬、頭にハテナが浮かんだ方もいるかもしれないけれど、これはれっきとした腕時計。ピクトは“中世の教会や天文台に飾られた時計からインスパイアを受けた世界で初めてとなる回転式ダイアルのウオッチを作りたい”というひとつのアイディアから始まったブランド。ブランド名の起源は“Picture(ピクチャー)”と“Pictogram(ピクトグラム)”に由来しており、一切の無駄がない文字盤には“点”と“線”だけが存在している。
PI-5
時計の見方として、時間をドット、分を1本の針で表示している。時間がすぐわかるようになるには慣れが必要かもしれないけれど、北欧デザインならではの無駄を排除したデザインは、見た目のインパクトがとても抜群!

「腕時計なんて買ったこともないなあ」という女性ユーザーの方にも、この腕時計であれば、まずは時間を確認するというよりファッションウオッチとして装着するという意味でも楽しめるのではないかと思いピックアップしてみた。ユニークだけれど、北欧デザインであるシンプルさが全面に出ているピクトはどんなファッションにも合いオススメできる。
PI-3
■Ref. 43343-4112mb。SS(30mm径、厚さ8.5mm)。5気圧防水。クォーツ(MIYOTA2025)。2万520円

もっと見た目のインパクトさを求めたいという女性には、下記のカラーバリエーションもオススメ!

 

》ミニマルデザインのカラフルタイプ

ピンクの文字盤の上をイエローのドットと針が動く。レザーもベージュカラーでとても女性らしい色合いだが、ここまでハッキリとした色合いを選ぶ人は限られるかもしれない。けれどこのカラーであれば、1本持っているだけでファッションにアクセントが加えられるのは間違いなし!
PI-8
今回紹介したのはすべてレザーストラップだが、フィット感を高めたメッシュベルトや装着感のわずらわしさがない軽い素材のシリコンストラップも。そしてケースのサイズも小振りな30mmとメンズライクな40mmサイズがあるため、文字盤、カラー、大きさと、自身のファッションやライフスタイルに合わせてチョイスできるのも魅力だ。
PI-2
■Ref. 43342-4512mg。SS(30mm径、厚さ8.5mm)。5気圧防水。クォーツ(MIYOTA2025)。2万520円

ピクトは一切の無駄を省いたミニマルなデザインながら、さりげなく個性的で目立つデザイン。腕時計は靴やカバンなどの小物と一緒に、複数持っていてもおかしくないので、ベーシックな3針タイプの腕時計に加えて1本は持っていても損はないアイテムになると思う。また、腕時計を持っていない方はどんなファッションにも合うピクトを視野に入れてみてはいかが!

文◎松本由紀(編集部)

【問い合わせ先】
H゜Mʼ S” WatchStore表山道
www.hms-watchstore.com

カテゴリー: ニュース, 新商品情報   タグ: ,

コメントは受け付けていません。