3万円台から手に入る、クラシックな“トリプルカレンダームーンフェイズ”


R-1
イギリスを拠点にコストパフォーマンスに優れた腕時計を展開する“ROTARY(ロータリー)”から、スーツとの相性も抜群なトリプルカレンダームーンフェイズがリリース。

古典的な文字盤装飾とカレンダー機構の合わせ技が魅力

シンプルデザインが人気のカジュアルウオッチ界のなかで、孤高のクラシックスタイルを貫いて着実に支持を高めているロータリー。イギリスで最も愛用されるデイリーユースの時計ブランドとしても知られる実力派ブランドなのだが、今季の新作“ウィンザー トリプルカレンダームーンフェイズ”でもそのスタイルを貫き、往年のアンティークウオッチを思わせる古典的な佇まいを実現している。

トリプルカレンダームーンフェイズは、月、曜日、日に加えて月齢を表示する伝統的なカレンダー機構。1950年代~60年代にはモバードをはじめとするブランドが製作していたが、近年は採用するブランドが少なくなっており、そのクラシックな佇まいが逆に新鮮さを感じさせる。

このモデルでは12時位置で日付、3時位置で月、6時位置で月齢、9時位置で曜日を表示。複数のカレンダー機構を文字盤に集約した機能性の高さはもちろんだが、やはりそのデザインが魅力的だ。ローマンインデックス、ギョーシェ風の装飾を施した文字盤、複数のインダイアルの複雑なコンビネーションが独特の機能美を生み出している。

 

》クラシックな雰囲気を醸す文字盤の装飾をチェック

R-1b
時分針、秒針、インダイアルの針は、古典的なブルースチール針の雰囲気を再現。ギョーシェ装飾を施したシルバーの文字盤と、美しいコントラストを生み出している

R-1a
回転ディスクを使って月齢を表示するムーンフェイズインジケーター。ギョーシェ装飾とムーンフェイズディスクの組み合わせがエレガントな雰囲気を醸す。インクを立体的に塗布したローマンインデックスも上質感をプラスしている

》編集部のオススメモデル
ROTARY(ロータリー)
ウィンザー トリプルカレンダームーンフェイズ

イギリスの都市や文化からインスパイアされたコレクションを展開するロータリー。このモデルは、イギリス南東部バークシャー州にある都市ウィンザーのクラシカルな佇まいからインスパイアされている。四つのインダイアルをシンメトリーに配置することにより、複数のカレンダー表示を備えつつ、バランスが良く見やすいデザインに仕上げられている。
R-3
Ref.GB05325/01。SS(40 mm径)。日常生活防水。クォーツ。4万3200円
R-2
Ref.GS05325/01。SS(40 mm径)。日常生活防水。クォーツ。3万5640円

【問い合わせ先】
イクスピアリ

》ロータリー公式オンラインショップ
https://item.rakuten.co.jp/a-spiral/c/0000000104/

カテゴリー: ニュース, 新商品情報   タグ: ,

コメントは受け付けていません。