予算3万円! 編集部:船平のカジュアル時計レビュー/ダイエットのお供に“フィットビット”のフィットネストラッカー


F-2
編集部のカジュアルウオッチ担当:船平が、実機を見て“コレは欲しい!”と思ったモデルを本音でレビュー。今回は運動量の計測、管理機能を備えた、fitbit(フィットビット)のスマートウオッチをお届け。

fitbit
フィットビット

人々の生活になくてはならないツールとなったスマートフォン。携帯電話としての機能はもちろんだが、インターネットで情報を検索したり、ドラマを見たり、音楽を聴いたり、料金の支払いに使用したりと、その役割はあらゆる側面に広がりを見せている。

そんなスマートフォンの普及と足並みを揃えるように、2012年頃から登場しはじめたのが、次世代型腕時計“スマートウオッチ”だ。2015年に“Apple Watch”が登場したことで世間一般にも広く認知されるようになった腕時計の新ジャンルだが、それからわずか数年の間にもスマートウオッチは急激に進化を続けており、現在は様々なブランドがシノギを削る群雄割拠の時代に突入している。

多くのメーカーやブランドが本格参入してラインナップが増えた結果、デザインやアプリの個性で勝負する“ファッション重視型”、時計らしいデザインにこだわった“アナログ表示型(針を使ったスマートウオッチ)”など、スマートウオッチはおおまかにジャンル分けができるようになっているのだが、そのなかでも圧倒的に人気が高いジャンルと言えるのが“スポーツ機能重視型”。

“スポーツ機能重視型”といわれてもピンと来ないかもしれないが、心拍センサーを使った活動量計、アクティビティートラッキング(消費カロリーや歩数、距離、運動時間や睡眠時間などを記録する機能)など、スポーツやトレーニングに最適化した機能、スペックを搭載したスマートウオッチだ。

今回、レビューでクローズアップする“fitbit(フィットビット)”のインスパイアHRも、そんな“スポーツ機能重視型”のひとつ。厳密には、歩数、消費カロリー、睡眠時間などを計測、管理する活動量計測を強化した、フィットネストラッカーと呼ばれるスマートウオッチの一種。もちろん、時刻表示のほか、電話やメールの着信通知など、多彩な機能が搭載されている。

 

》デザインの印象は?
一番の特徴といえるのが、シリコンラバーベルトとサイズを合わせたケースデザイン。スポーツシーンで邪魔にならないようにするため一般的なメンズウオッチと比べるとかなり小振りなサイズに仕上げられており、バングルのような感覚で着けることができる。
F-1
厳密にはウェアラブルデバイスなので、こういう表現が正しいのかは不明だが、あえて時計のデザインとしてカテゴライズするなら、ボーイズサイズのレクタンギュラーウオッチといったところ。無駄な装飾を省き、実用性を重視したフォルムは、北欧系のミニマルなデザインウオッチに近い印象も感じさせる。シンプルなので、洋服を選ばず着けられるのは嬉しいポイントだろう。

 

》装着感は?
ケースのサイズは筆者の実測で縦が約40mm、横が約16mm、厚さは約12mm。心拍センサーを備えたケースは正面から見たときの印象に比べてやや厚みのある印象だが、ベルトをケースに直接設置し、カーブさせることで装着感を高めている。
F-1b
ベルトの付け根をケースのフォルムに合わせて厚めにデザインし、バックル、剣先に向けて徐々に薄くしている点も、ホールド感を高める効果を発揮している。
F-1a

 

》搭載している主な機能もチェック!
基本となる時刻表示はもちろんだが、スマートウオッチとしての機能がやはり魅力。スマートフォンに着信やメッセージあると、ディスプレイに通知が入り、、同時に振動で知らせてくれる。
スマートウオッチとしては基本のキ、といえる機能なのだが、スマートフォンを探すことなく手元でメッセージを確認できるのは想像以上に便利だった。
F-1c
基本的なスマートウオッチの機能とは別に、フィットネストラッカーならではといえるのが、アクティビティや心拍数の記録機能。着けているだけで歩数、移動距離、消費カロリー、アクティブに活動した時間、時間ごとのアクティビティ・心拍数などを自動で記録。
歩数や消費カロリーの目標を数値化して時刻表示の下に表示できるので、随時目標達成率を確認しつつ、ダイエットやトレーニングを行える。
FF-1
スマートフォンのアプリ上で細かい運動量を確認できるのだが、目標を達成すると特別なバッジ(上の写真の真ん中にある丸窓参照)がアプリでもらえるのも面白い。
ほかにも、フィットビットを使用している友人とデータを共有して競争を行えるアプリや、睡眠のクオリティの計測、食事で摂取したカロリーの記録など、ユニークな機能が用意されているので、詳しくは、下記の商品詳細ページをチェックしてみよう。

》fitbit-インスパイアHR公式ページ
https://www.fitbit.com/jp/inspire

 

【総評】
北欧のデザインウオッチを思わせるシンプルなデザイン、邪魔にならない小振りなサイズに仕上げらえているので、スタイルを選ばずに着けられる。
フル充電で最大5日間の連続使用(使用状況にも左右されるようだが、今回は仕事の合間や入浴中の充電で、充電量70%前後をキープ。まったくストレスなく使用できた)に加え、プールでも安心して使用できる水深50mまでの耐水仕様というのも嬉しいポイントだろう。
厳密にはフィットネストラッカーということもあり、いわゆるスマートウオッチよりも使用できる機能は絞られているが、その分操作もしやすく、使いやすい。運動量の計測と管理が簡単にできるので、健康診断の結果を受けてダイエットにはげんでいる筆者には、とても便利なモデルだった。
小振りなでシンプルなデジタルウオッチを探している、という人にもオススメのモデルといえるだろう。

 

》編集部のオススメモデル
fitbit(フィットビット)
インスパイアHR
小振りなデジタルウオッチとしてシーンを選ばずに着けられる、フイットネストラッカー。運動量や健康状態を管理する便利な機能を備える。
F-T
■Ref. FB413BKBK-FRCJK。樹脂(40×16mmサイズ)。5気圧防水。2万1470円

文◎船平卓馬(編集部)

【問い合わせ先】
フィットビット
https://www.fitbit.com/jp/home

カテゴリー: ニュース, 新商品情報   タグ: , ,

コメントは受け付けていません。