New 日本三大和紙“土佐和紙”を文字盤に採用した“ザ・シチズン”の新作


AQ4030-51A_IMG_01a
時計の本質を追求し、卓越した精度を誇る高品質ウオッチ“The CITIZEN(ザ・シチズン)”から、日本三大和紙のひとつとして知られる土佐和紙を文字盤に採用した2 つの新作モデルが、2018 年 6 月14 日に発売!

日本が誇る伝統技法とシチズンの先端技術が融合

“The CITIZEN(ザ・シチズン)”は、1995 年に誕生して以来、「正確な時刻を刻み続けること。時刻を見やすく伝えること。その使命を長く維持すること。」をテーマに、時計の基本性能をどこまでも追求してきたシチズンブランドの最高峰ブランド。
定期的な電池交換がいらない光発電エコ・ドライブ、年差±5 秒という驚異的な精度を誇るムーヴメントなどシチズンが世界に誇る先端技術に加え、シチズンの最高技能者の称号であるマイスターが組み立てを行うなど、人と技術の融合により、同社の最高峰モデルにふさわしい高級感を備えているのが大きな特徴だ。

繊細さを増した“土佐和紙”文字盤の質感に注目

今回発売されるモデルは、文字盤に土佐和紙を採用したモデルの第二弾。
実は“ザ・シチズン”では、最高峰モデルにふさわしい発電エコ・ドライブの文字板素材を研究・開発する中で、日本古来より障子など光を取り込むために用いてきた和紙に着目。2017年に、薄さと丈夫さが特長として知られる日本三大和紙の一つ“土佐和紙”を採用したモデルがリリースされているのだ。

新作の2モデルでは、文字盤に採用した“土佐和紙”をより微細に織り込むことで、従来の文字盤とは異なる“深黒”や“雪白”をイメージした独自の表現を実現。これまでの和紙文字盤にはない、新しい質感を作りだしている。

光発電エコ・ドライブを搭載して年差±5 秒という世界最高レベルの精度を実現したムーヴメントを、流行に左右されないスタンダードなデザインのケースに収め、ケースとブレスレットには軽くてキズがつきにくい、シチズン独自のスーパーチタニウムTM を採用。
日本の伝統工芸である和紙と、シチズンの先端技術が融合することで、日本的な感性を持つシチズン独自のモデルに仕上げられている。

 

特徴-其の1
日本三大和紙のひとつ土佐和紙を採用した文字盤
AQ4030-51E_IMG_02
古来より、和紙は室内に光を取り込む為に障子などに用いられてきた歴史を持つ。文字盤に採用された日本三大和紙の一つである土佐和紙は、長い繊維を持ち、薄さと丈夫さを兼ね備えているのが特徴。このモデルでは、そんな土佐和紙の中でも、繊維が織り成す自然な模様が濃淡の層となって優しい風合いと独自の質感を生み出すものを採用している

特徴-其の2
年差±5秒、世界最高レベルの高精度ムーヴメント
AQ4030-51E_CUT
定期的な電池交換が不要の光発電エコ・ドライブで、世界最高レベルの年差±5 秒という精度を誇るムーヴメントを搭載。強い衝撃などによる針ズレれから守るシチズン独自の衝撃検知機能・ロック機能や、たとえ針ズレが生じた場合でも自動修正する針自動補正機能を備え、光さえあれば正確な時を刻み続ける。
文字盤の6 時位置には高精度の証として“Chronomaster(クロノマスター)”の表記し、裏ブタの中央にもクロノマスターを象徴する“イーグルマーク”が立体的に刻印されている

特徴-其の3
最高品質にふさわしい外装の仕上げ
AQ4030-51A_IMG_01
ケース、ブレスレットに採用されているシチズン独自のスーパーチタニウムTM は、“軽量(ステンレスより約40%軽い)”、“硬い(ステンレスの約5倍の硬度)”、“錆びにくい”、“肌に優しい”という腕時計に最適な素材。さらに、外装の表面には職人が手作業でザラツ研磨を行うことで、鏡のような深い輝きを放つ高級感あふれる質感に仕上げられている。

AQ4030-51E
☝︎ザ・シチズン:AQ4030-51E(和紙文字盤黒)

AQ4030-51A
☝︎ザ・シチズン:AQ4030-51A(和紙文字盤白)

■スーパーチタニウムTMケース&ブレス。ケース径38.4mm。10気圧防水。光発電エコ・ドライブ。各39万9600円(2018年6月14日発売予定)

 

【問い合わせ先】
シチズンお客様時計相談室
☎︎0120-78-4807
【<ザ・シチズン>の公式ページ】へ

カテゴリー: ニュース   タグ: ,

コメントは受け付けていません。