TIME Gear(タイムギア)、夏の最新号Vol.27が発売です!


tg27_hyoushi_web_WAKUari
“いま日本市場で買えるモデルを可能な限り網羅するバイヤーズガイド、
“いま買うべき、ニッポンの腕時計”など、独自の特集に注目です!

2019年夏新作とトレンドを先取りする最新号!

今号の表紙は大特集の “いま買うべき、ニッポンの腕時計”から、セイコー、シチズン、カシオの注目モデルをセレクトしました。今号もカジュアルウオッチ界の最新動向を一挙に紹介していきます。

“令和元年の注目モデル約150本掲載”
4つのトピックスで
ニッポンの腕時計ブランドの
最新動向を紹介していきます!

TG-1
スイス、ドイツ、イタリアなど時計市場で存在感を放つ国はいくつかありますが、そんななかでも欧米諸国とはひと味違う進化を続けているのが、日本の時計です。
欧米からの輸入時計が主流であった明治、大正を経て、国産での時計製造を実現。欧米ブランドに比肩する機械式時計の開発に力を注いだ日本の時計産業は、1970年代のクォーツショック、多機能化を進めた80年代、先進技術により独自路線を開拓した90年代を経て、近年は定番ブランドだけでなく、幅広い価格帯で新興の独立系ブランドが乱立する新たな時代に突入しています。

そこで、タイムギアVol.27では、“ニッポンの腕時計ブランド”をテーマに、四つのカテゴリーから日本で誕生した時計ブランドの魅力と、最新動向を探っていきます。

TG-2
TG-3
カテゴリー01では“定番4ブランドの最新動向を探れ”というテーマで、セイコー、シチズン、カシオ、オリエントの4大ブランドをクローズアップ。
TG-4
ブランドごとに最新トピックスを取り上げつつ、さらに人気モデルの売れ筋ランキングも紹介していきます。

TG-5
カテゴリー02は“伝統工芸と腕時計の融合”。有田焼や漆の塗り物など、伝統の工芸技術を取り入れて作られた日本ならではのモデルを紹介。

TG-6
カテゴリー03は、“再び活況を呈しはじめた日本の機械式”。
TG-7
グランドセイコーに代表される高級本格機械式時計はもちろん、手頃な価格帯の機械式時計まで、多様化する日本の機械式時計の魅力を掘り下げます。

そしてカテゴリー04では“ニッポンの腕時計大図鑑”と題して注目の新鋭ブランドを掘り起こしつつ、ジャパンブランドを一気に紹介。新ブランドの創設により、さらに幅広いジャンルの時計がラインナップされるようになった、日本の時計ブランドを可能な限り紹介していきます。

そのほかにも、夏に大活躍する防水時計を厳選した“性能別ガンガン使える防水時計30選”では、100メートル、2メートル、300メートルと性能別に、防水機能を高めたモデルをセレクト。
TGD-1
TGD-2
水や湿気と接することが増える夏にガンガン使える“防水時計”を厳選して紹介していきます。

また、ここ最近で急速にラインナップを増やしている70年代テイストのモデルをクローズアップした“70年代テイスト、レトロウオッチ”も注目です。
TGR-1
TGR-2
今号も、時計好きからビギナーまで楽しめる内容が満載。夏本番を前に、新しい時計を購入する際にぜひ活用してください!

【TIMEGearの購入はコチラ】

パーマリンクをブックマーク

コメントは受け付けていません。